1. HOME >
  2. 研修生Hさんのブログ >
  3. 研修記録 ~芽かき②~

研修生Hさんのブログ

RSS

研修記録 ~芽かき②~

こんばんは。とらパパです。

今日も日中は風が冷たい日でした。気温にすると朝は5-8℃くらいだったと思います。昼間は10℃くらいでしょうか。土曜日は20℃くらいで春という感じでしたが、昨日から再び下がっています。

横浜でこの気温だったら、間違いなく冬用のコートを着ていると思います。少なくともゴールデンウイークを過ぎるまでは急な降雪や凍結には注意するよう言われています絵文字。ちなみに土曜日に日勝峠を通りましたが、雪がかなり残っていました絵文字。研修先のWさんいわく、あそこは季節が1.5か月遅いとのことです…。家から1時間足らずでこれほど違うとは驚きですね絵文字

それでもハウスの中は常に暑くて、半袖でも汗をかきます。なので作業を終えて外に出た時の爽快感は最高です絵文字(時々寒いですが…)。この温度差で体調を崩される方も春先は多いそうなので気を付けようと思います。

さて、今日は1日かけて4月初旬に定植した木の「芽かき」を行いました。芽かきの目的は、風通しを良くして病気を避けること、不要な部分にいっている栄養を木の成長に回す、などいろいろとあるようです。

芽かきのタイミングはおおよそ活着してから4-5日後ですが、成長具合、天候などを加味して決めるとのことです。

芽かきは先週も行ったのですが、今回は別の場所になります。下の写真を見て頂くのが早いと思います。

IMG_20210426_211224
芽かきする前です。

先日行ったのは、花房の下(花芽下)のわき芽でした。今回はその下の部分です。
作業の工程としては、先日摘み取った花芽下のわき芽を除いた3本のわき芽を取ります。写真の1,2,3の箇所です。そして、その下のわき芽・葉・子葉は全て摘み取ります。

IMG_20210426_212621
芽かき後です。3か所のわき芽、その下をすべて取ると花芽下から大きな葉が4枚残った状態になります(葉の数え方も最初戸惑います…)。比べると少しすっきりしましたね。

それ以外のチェックポイントは、マルチ(トマトを植えている黒のビニール)の穴の部分に雑草があれば取り除く、マルチの下に水をあげるための「潅水(かんすい)チューブ」があるのですがこれをを中に2-3cm押し込む、焼けてしまった葉を半分くらいに切るなどいくつかあります。

作業量のイメージですが、まず1つのハウスの中に4つの畝があり、1つの畝に2列トマトの苗を植えています。

IMG_20210415_100116
こんな感じです。この写真は2週間前になります。ハウスの奥行は約66mで計8列あり、今回の芽かきの作業は両端を除く6列です。

おおよそ1列40分が目標となりますが、私たちはかなりの時間を要してしまいました。その横でWさんの奥さんは私たち2人の2.5倍のスピードで作業をしています絵文字

今回は2棟分でしたが夕方までに何とか完了しました。

芽かき作業はまだ始まったばかりで、これからもずっと続いていきます。

ちなみに、トマトの木は上に伸びていきこれから何段も花がつきます。今回は2段目の花がまだ開花していないぐらいのタイミングでした。今回の1段目以下の芽かきはしゃがんで作業する必要があり、別の先輩農家さんからはこのタイミングの芽かきが一番大変とも聞きました。

私は膝あてをして膝を地面につけたり、時々膝を起こしたり、腰を曲げたりの作業でちょっと膝が痛くなったのと腰が張ってしまいました…。気を付けていきたいと思います。

あと、一般的に早めに芽かきをすると木が勢いをなくすと言われているとのことですが、各農家でいろいろとやり方が異なるそうです。わき芽が小さい時からこまめに摘み取る方もいれば、大きくなってからの方もいます。

また、残す葉の枚数もそれぞれだそうです。結果的にトマトがうまく作れれば良いので、各農家に合うやり方で…ということなんでしょうね。

今日、私はシロちゃんを見なかったのですが、保育所に息子を迎えに行くために先にあがった妻が見たそうです。その時、Wさんのお隣の農家さんにいる「とらのすけ」くんというサバ猫ちゃんと一緒だったようです。

とらのすけくんはこのあたり一帯のハウスに出入りしているようで、私も何度か見ています。このあたりでは有名猫です。近づくとすぐ逃げてしまうので、今度運よく写真を撮ったら載せますね。

コメント
[4] Nyaoko | 2021/04/28 18:41
大玉トマトでは、実を大きくするために脇芽を全てとる事は多いのですが、産地によっては脇芽1本残して2本仕立てにしてるところもあるようです。
そして、ミニトマトは樹勢が強いので脇芽を1本か2本残して、脇芽からも収穫した方がたくさん採れると思いますよ。
[3] Nyaoko | 2021/04/28 18:27
[2] とらパパ | 2021/04/27 23:47
薔薇とバラさん
コメントありがとうございます。いろいろと試されていてすごいですね。さらにハラペーニョや唐辛子とは!収穫後は旦那さんと一緒にいろいろな料理で楽しめそうですね。私達もやはり何かトマト以外てチャレンジしてみようと思います!!
[1] 薔薇とバラ | 2021/04/27 10:06
去年育てたミニトマトは、ネットで勉強したものの脇芽がどこなのかがよく分からなくて、ちょっと見ない間にどこもかしこもすごく伸びてしまい小さな実まで出来てしまい、もう取るのをあきらめてしまいました。
結果、ぼうぼうになり実はとんでもなくいっぱい取れましたが、甘みは少なく葉っぱの病気にかかりました。途中で何度も枝を切ったり薬を使ったりしましたが病気のまま実を付ける感じが続きました。
今回の写真付きの説明で理解が深まった気がします。今のうちからそれっぽいのが出てきたら摘み取ろうと思いました。とても助かります。ありがとうございます。
うちではスーパーで買った豆苗を4等分にカットしてそのまま地植えしています。あわよくばグリーンピースの収穫を。。と期待しています笑。
本来の作り方ではないので笑われそうですが実験してみます!
あとは、育苗ポットでハラペーニョと激辛唐辛子を種から育て中です(まだ芽は出ていませんが)
※とらのすけ君の姿、楽しみにしています♪
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):