1. HOME >
  2. 研修生Hさんのブログ >
  3. 研修記録 ~ベッド作り(畝立て)~

研修生Hさんのブログ

RSS

研修記録 ~ベッド作り(畝立て)~

こんばんは。とらパパです。

今日の午前中は、とらママと一緒に先輩農家の定植のお手伝いに行ってきました。研修一年目はWさんにスケジュールを組んで頂き、新規就農した先輩、地元農家など様々な方を訪問し、皆さんがどのようなやり方をしているかを垣間見る機会があり、ありがたいです絵文字

午後は、近日中に定植を行うハウスのベッド作り(今回は畝立てから定植前の準備まで)を行いました。

少し遡りますと、一昨日私が肥料を撒き、その後でトラクターを使って土を割りました。そして昨日、私たちが芽かきを行っている間にWさんの旦那さんがトラクターの「深耕ロータリー」というものを使って、土壌を細かく砕きならしていく作業を行っていました。

IMG_20210426_165626
深耕ロータリーが付いたトラクターです。

IMG_20210426_165429
ロータリーを使用したあとの状態です。土を砕いた後ならします。土がふかふかの状態です。

今日は上の状態からスタートです。

Wさんの旦那さんが畝立て機を使って、畝を作るとともに定植するためのマルチ(黒いビニール。下の方の写真をご参照ください)を同時に張っていきます。

IMG_20210427_140219

IMG_20210427_140230
畝立て機です。最初見ると「なんじゃこりゃ」って感じですよね…絵文字

IMG_20210427_215207
畝立て機を使っている様子です。

IMG_20210427_140244
畝立て機で作業が終わった後の様子です。これでまだ終わりではありません。

IMG_20210427_142326
次に手前のミニ耕運機を使ってハウス内の通路をならしていきます。これが今日の私の仕事です。この作業を行い、通路を踏み固めることで収穫の際の台車などが入りやすくなります。

IMG_20210427_150359
ミニ耕運機を使ってならした後の様子です。上とあまり差が分からないかもしれませんね。。ミニ耕運機を使っても完全に踏み固められないのですが、あとは日々の管理作業で通路を通りますので、それによって踏み固められていきます。

今日の作業の最後でマルチに穴あけをしている時にお腹のすいたシロちゃんが作業を邪魔しに来ました絵文字

IMG_20210427_164048

IMG_20210427_164045

しっぽ踏んじゃうよ!と言っても動きません。今日はよっぽどお腹がすいていたようです。この後、Wさんの奥さんからカリカリをもらっていました絵文字


※訂正
昨日書いた近所の農家の猫ちゃんは、「とらのすけ」くんではなくて「とらじろう」くんのようです。

コメント
[2] とらパパ | 2021/04/29 06:43
>薔薇とバラさん
コメントありがとうございます。シロちゃんは作業のいろいろな場面で顔を出しますので、「現場監督」と言っても良いくらいですね。今日の平取町(振内)は暖かかったり、寒くなったり、忙しい日でした。

畝立機にロールになっているマルチを取り付けて、「後ろ向きに」動かしていく感じですね。ちなみにお気づきのように、写真のマルチは既に穴が開いているタイプになります。穴のないマルチを張った後に、穴をあけていくというやり方もあり、各農家でやり方が異なります。
[1] 薔薇とバラ | 2021/04/28 10:43
畝立機の中に穴の開いたマルチが入っていて、前進しながらマルチを設置していくというイメージでしょうか。
最初の作業はこんな風に進められていたのですね~。興味津々です。
ちなみにこのような機械は特別な免許なく誰でも操作できるのでしょうか。気になりました。慣れるまでは緊張しますね。
毎日やることが山盛りで大変だと思いますが、東京からも毎日応援していますので頑張ってくださいね!

現場監督のシロちゃんは本当に人懐っこくてかわいいですね(^▽^)/
友達のとらじろうくんもきっとイケニャンなんだろうなあ(゚∀゚)
※東京は、昨日今日と日中は半袖でも大丈夫な陽気です。
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):