本日 82 人 - 昨日 62 人 - 累計 201429 人

新しい出発点

2011年09月30日
すでにお知らせした通り、本日無事卒業しました!
事故もなく、ケガもなく。
ま、細かい打ち身、生傷は数え切れませんが(泣)

そう言えば研修スタートの時の最初の悩みが作業着でした。
「ボロいの着てればなんでもいいよ」
って言われてもいったいどんなの?
ダンナに相談しても
「オレはサラリーマン時代のYシャツ着るから」
ってあんまり悩んでる雰囲気ないし。

そりゃあんたは実家が農家だから分かってるかもしれないけど・・・
ダンナの実家は愛媛の柑橘農家なのです。じゃなぜ北海道でトマト農家??(後日アップします)

というわけで就農を検討している方の参考になればと思い、お世話になった受入農家のKさんをモデルに作業着をご紹介します。

   2011092211590000.jpg 
まずは親方。若くて恐ろしく動く。よくもまあ細い体でこんな重労働ができるものだ。
って感心しまくり。

   2011092211590001.jpg 
親方の親父さん。この方のおかげでわたしたちも就農を目指せることになりました。
あ!!てことはわたしの人生がこうなった一因にも・・・

   2011092412040000.jpg 
親方のご母堂。日ごろの気遣い心遣いに大変感謝。
(ウチのダンナより重いものが持てるみたい)

   2011092306560000.jpg 2011092306560001.jpg 
中国からの研修生たち。言葉も分からない遠い国へ出稼ぎに来てます。
普段は普通の女の子。

この方々と一緒に作業していました。
本当に大変だったけど充実した半年でした。
何から何までありがとうございました。
これからはもっともっとお世話になります。(笑)

  ままこあら

明日で卒業♪

2011年09月29日
4月に振内に来てすぐ、受入農家のKさんのところで農作業研修を開始しました。
本当に!!驚きの連続でした!
トマト栽培がこんなに重労働とは思わなかった(涙)
しかもめちゃくちゃ広い!
果てしなく広い!!
2011092411430000.jpg

ビニールハウスの中を腰を屈めて行ったり来たり、
重いものを持って行ったり来たり。
とにかく歩く。
芽かき、誘引、etc. 手作業をしながら延々歩く。

最初の1ヶ月ぐらいは体が痛くて眠れないぐらいでした。


そんな日々も今は昔。
明日でとうとう卒業です!!
来年は実践農場でダンナと2人、あれこれ悩むことになると思いますが、とりあえず乗り切った(嬉)

でもショックなことも・・・
ビキニで海に行ったわけでもないのに背中に跡が・・・
服を着てても日焼けするのね。。
ビニールハウスってUVカットじゃないのね(泣)

    ままこあら

人生が180度変わるってこと、TVの中のことと思ってました。
まさか自分の人生がそうなるなんて・・・
こんな生活になるなんて1年前には全く想像もしてなかった。

四国のサラリーマン家庭で育ったわたし。
同じ高校に通っていたダンナと結婚して約13年前に上京。
その後文句も言わずダンナの転勤について仙台・さいたま・札幌と都会生活が続いて油断してました。
まさか実家のある松山よりも田舎に引越し・・・というより永住して肉体労働をすることになるとは!!

ダンナのわがままを聞きすぎた自分に反省。
これからは言いたいことを言わせてもらいます!

    ままこあら

公共交通機関

2011年09月27日
振内には公共交通機関というものがほぼ皆無です。
一応道南バスの定期便はありますが町民の足は主に自家用車。
そのため小中学生は自分で山を降りることが出来ない。。

かつては鉄道が走っていたようですが・・・
2011092712140000.jpg  2011092712150000.jpg

そんなところなのでわたしたち夫婦も一人一台の自家用車が必要になり、ダンナが買ったのが軽トラック。
2011041108070000.jpg
でも・・・AT限定免許のわたしにはMT車は乗れない!
必然的に乗用車はわたしのもの。軽トラックはダンナのもの。

ま、軽トラックに“ジョニー”なんてふざけた名前つけて喜んでるんだからいいよね。パパ?

ブログ初心者

2011年09月26日
振内地区で就農を目指して研修中の“ままこあら”です。

今年4月に山に来てはや半年。
慣れない農作業とわがままなダンナに振り回されながら感じた山の生活についてあれこれ書いてみたいと思います。