本日 82 人 - 昨日 62 人 - 累計 201429 人

いいわけ

2011年11月28日
“いいわけ”は人間だけにあるものだと思ってました。でもなんだか違う気がしてきました。

ウチのワンコ『ペッパー』もどうも言い訳をしているみたい。

わが家に来て2週間強。ものすごい速さで成長しています。
仲間入りしたときは6kg弱だったのに今は7kg強。頂いたハーネスもパツンパツンで走る速さもものすごいものになりました。

でもまだまだ子犬。
家の中でソソウをしてしまうのです。。
  2011112809180000.jpg 立派なトイレがあるのに・・・

ほとんどがトイレシートの上にするのですが、時々思いもよらない場所にいたしてしまいます。
そんなとき、申し訳なさそうに「キューン」とか「クーン」とか言ってすりよってご機嫌取り。

こいつ、実はいけないことをしたって分かっているな!?

そしてダンナ手作りのダンボールハウスで自らしばし反省。
  2011112809210001.jpg 2011112809200000.jpg

・・・やはり分かっているな。

でも『いいわけ大王』といえばウチのダンナ。
サラリーマン時代に寄り道して帰ってきて何人の人をスケープゴートに使ったことか。
「打ち合わせがあった」「相談にのってた」「社外会議室」等々、いろいろ言ってたけど翌日は記憶ないじゃん!

会社を辞めて農業を目指すと決めたときも
「言い訳とヘリクツがイヤだから言い訳しなくていい生活をしたい」
なんてカッコいいこと言って。
それこそまさに『いいわけ』であり『ヘリクツ』なのよ。

分かってない分、犬より始末が悪い。

  ままこあら

歩くこと

2011年11月26日
田舎の人は歩かない。

そう言うと意外に聞こえるかもしれません。
特に都会の人にはきわめて意外かも。

でも、車文化の田舎生活ではドアtoドアで車を乗付けるので意識しなければ歩くことが少ないのです。
しかも階段の上り下りをする機会は本当に少ない。
わが町内では一番高い建物でも2階までですから・・・

その昔は都会の子は“もやしっ子”なんて言われてましたが、日常では都会人のほうがはるかに歩きます。
駅まで歩いて改札まで階段、電車を降りたらまた歩く。
買い物も歩きや自転車が当たり前。

お使いに行くのに山二つ越えて・・・なんてのは今は昔。
自動車に乗ってビューン。
ウチは学校が近いので徒歩通学ですが、多くの子供たちがスクールバスで通学してます。

今や都会の子の方が足腰強いのでは??
とちょっと心配だったり。

わたしたちは職業として一日中歩き回る仕事を選んだわけですが、舗装路を歩くことは激減しました。
それゆえ町のショッピングセンターなんて行くと異常に疲れやすくなってしまいました。。

そんなわたしたちが“歩き回る”ことになる実践農場が急ピッチで出来てきました。
  2011112509550001.jpg 2011112509550000.jpg

雪が降ったりシバれたり。
なにもこんな寒い時期に建てなくても・・・
って作業の人たちに感謝しつつ、わたしたちの“仮の城”が完成する日を楽しみにしてます。
(ちなみにウチのダンナも勉強がてらちょびちょび手伝ってます。)

  ままこあら

進展

2011年11月22日
お気づきだと思いますが、HPが充実してきました。

『ふれないネオフロンティア』の事務局さんに任命されて始めたブログも早2ヶ月。
全国のいろいろな人たちに見ていただいているものと期待しつつ、わが町振内での生活やわたしの(しょぼっちぃ)思いつきを記録してきましたが、HP自体が充実することによりさらにメジャーになるんでないかい!? ってちょっとだけ胸躍る気分だったりして。

現在なにかしらの職業に就いていながらも農家になることを考える人は日本中にゴマンといると思います。
そんな方々が平取町(特に振内)に興味を持ってくれること、実際に農業に踏み出さないにしても平取産トマトを手に取ってくれることを想像して・・・むふふ。

  ままこあら

ゲスト

2011年11月20日
平取町は本当にイベントが多い。
これは平取町に限ったこと?よその町村でもそうなの??

もしかするとこれまで生活してきた札幌やさいたまや仙台でもたくさん(むしろもっとたくさん)あったのかも。
でも小さな自治体ではそれを濃密に感じるのかも。

今日は『町づくり住民大会』というイベントでした。
  2011112015240000.jpg

あまり関心はなかったのですが、お世話になっている人に誘われて家族で行くことになりました。
感想は・・
想像していた以上に楽しい話が聞けて充実したイベントでした。

特別ゲストは松野明美さん。
かつてのマラソン選手で時々バラエティ番組に出るテンションの高い人。
そんなイメージしかなかったのですが、今は熊本の市会議員で障害を持つ子の親。
お子さんとの関わりについて赤裸々に話す姿に思わず目頭が熱くなりました。

心の持ちようで人生は開けてくるということを再認識したイベントでした。

土曜日にダンナが札幌の『新農業人フェア』に行き、就農検討中の方々との相談会に参加してきました。
昨年は“検討中”だったのが、今年は相談を受ける側に。
立場の逆転に戸惑いながらもいろいろな人の話を聞いて刺激を受けたようです。
そのなかから新しい仲間が生まれることを楽しみにしています。

  ままこあら

本番

2011年11月17日
今日は平取町を代表する年に一度の一大イベント。
『女性の集い』でした。

わたしたち『フレッシュミズの会』(通称『フレミズ』)のメンバーはこの日のために血の滲むような特訓をして・・・
AKB48の『ヘビーローテーション』を歌って踊っちゃいました♪♪
(ほんとはクチパクです)
  111117_130647.jpg 背中だけは若く見えて欲しい。。

町内の女性が大集合して芸を見せ合う“大人の女の学芸会”。こんなにがんばったのはここ20年ぐらいなかった。
童心に返って楽しんで参りました。

一方ダンナは雪の中ハウス資材の搬入作業に参加。
  2011111709470000.jpg

出来る出来ると言いながらいつまで経っても姿を見せない“振内実践農場”が整備されつつあります。

こんな雪の中でビニールハウスなんて建てられるのか?
なんて素人の心配をよそに次々と資材が運び込まれてきたそうです。
さすが雪国の人々。どんな雪でもなんとかしちゃうもんみたい。

そして雪にもへこたれない足跡。
  2011111715470000.jpg

ウチにきてまだ1週間も経ってないのにちゃっかり家族の中心にいる『ペッパー』。
  2011111715460000.jpg

雪の中でも元気に走り回っています。
肉球、寒くないのかな??

最後に1つご報告。

11月19日 土曜日、札幌コンベンションセンターにて『新・農業人フェア』が開催されます。

ちょっと聞いてみたい、すぐにでも農業に関わりたい等、農業に興味のある方は是非チェックしてみてください。
なぜか研修生のウチのダンナも『ふれないネオフロンティア』の一員として参列します。

  ままこあら

白銀

2011年11月16日
ちょっと・・てゆうか、かなり油断してました。
なんだか昨夜寒いなって思っていたのですが。

朝、ワンコの散歩で玄関を開けてビックリ!!
一面銀世界でした!!!
  2011111607060001.jpg わが家の2階から

準備をしていなかったので突然の雪に朝からおおわらわ。
でもいいわけ・・
いくら天気予報を気にしても振内はおろか平取町もろくに放送されないんです。。

午後からダンナが本町に行ったら全然雪がなかったらしい。
もし平取町の天気予報があっても私たちのいる振内地区は山だからあてにならないみたいです。
  2011111607060000.jpg

  ままこあら

ワンゲット

2011年11月13日
昨夜わが家に新しい家族が加わりました。
以前からいずれ家族に加えたいと思っていた“お犬さま”。
  2011111217040000.jpg

ダンナが札幌のボランティアさんから引き取ってきました。

この子、中標津の保健所で殺処分されるところをボランティアさんが引き取ったメス犬が妊娠していて、ボランティアさんのところで7月に生まれたそうです。
そのため犬種は不明。(雑種であることは間違いありませんが)

引き取りに行く前この子の事情を子供たちに説明したところ「助けてあげて」と親としては嬉しい反応。
情操教育になれば・・・と里親となることにしました。

ウチにくるまでに別の家庭に引き取られたものの出戻ってきたそうです。しかもバツ2。

ウチに着いたときは車酔いのようでグッタリしてましたが、今日はいくらかリラックスしたみたいで子犬らしく甘えていました。
  2011111306290000.jpg

子供たちが大興奮なのは言わずもがな。
一番喜んでるのはダンナかも。

そしてこの子の名は『ペッパー』。
ダンナいわく、黒胡椒みたいだからとか。

  ままこあら

毛皮

2011年11月11日
一昔前、金持ちの象徴といえば本物の毛皮だったような・・
(わたしの偏見??)
キツネのえりまきとか、ワニのバッグとか、トラの敷物とか。
最近では動物愛護とかで毛皮の市民権はずいぶん小さくなっていると思います。

でも実際に人間の生活の安全を脅かす動物もたくさんいます。
(もとはと言えば人間が彼らを脅かしているのですが・・)

安心して生活するため、こんな姿になって頂きました。
  2011111114520000.jpg

そして先日食した“高級食材”の調理前。
  2011111114450000.jpg

近所の子供たちが触って遊んでました。・・たくましい。
(もちろん軟弱なわたしは遠くから見てるだけですが。)

最後には“戦利品”として“入れ歯”をはずされてました。
  2011111115010000.jpg

かつてアントニオ猪木と戦った『熊殺し』ウイリーウイリアムスもびっくり(じゃないかな?)
怖気づいたわたしは勧められた肉も断り脱兎のごとく帰りました。

よし。
次回は勇気を出してホカホカ肉も頂いて調理してみるぞ!

夜は『PTAレクリエーション』でビーチバレー大会。
レクリエーションとは名ばかりのかなりの本気モード。
久々の激しい動きにヘロヘロになりました。
  2011111120160000.jpg

ダンナともどもヒザが痛い・・・

  ままこあら

あなほり

2011年11月06日
またまた農作物の収穫“体験”に参加しました。
  2011110508210000.jpg

今回の獲物は、ながいも。
まずは大きく実った“むかご”をGET!!
  2011110508210001.jpg

自家製でなければなかなか出会えない“むかご”。
採っても採っても採りきれない・・・
「もったいない。」と思いつつ、メインの山芋掘り開始。
  2011110515160001.jpg

スコップで地道に掘るものだと思っていたら、ユンボで一気に山芋の横を掘り上げ、穴に入って山芋をはがし採る。
なんとも見事な山芋が山ほど採れました。
  2011110515160000.jpg

そして収穫の際に折れたり傷ついたりしたものを大量に頂いてきました♪

作物を一番美味しく頂く方法。採り立てを即食べること。
農家ならではの最高の贅沢だと思います。

  ままこあら

めぐみ

2011年11月03日
先日“とうみ”にかけてゴミを飛ばした蕎麦を打ちました。
人生初のそば打ち。
  2011110314510000.jpg 2011110314520000.jpg

なにぶん素人がすること。残念なそばになったのはご愛嬌。
  2011110315570000.jpg

そば粉がたくさんあったので何度かトライするうちにちょっとは上達したみたい。
  2011110315560000.jpg

自分たちで打ったそばはこれまでに食べたどのそばよりも美味しかった!

でも今日のメインディッシュは別にありました。
  2011110312210000.jpg

これは何でしょう!?
実は・・ヒグマの手足!!

お呼ばれした会は『そば打ちとヒグマを食す会』。
朝から煮込んでプニュプニュになった肉球。
コラーゲンたっぷりで臭みもなくなんとも美味。
見た目豚骨スープのようでしたが全然あっさりしていていくらでもイケちゃう感じでした。

このくまさん、生前は2.5mを超える大物だったとか。
料理屋さんではまず食べることが出来ないほどの高級食材との出会いに感動です。

さらにもうひとつ驚きがありました。
オスのくまさんは大事なところに骨が入っているらしくその骨をパイプにしてタバコをくわえている豪傑も・・・
  2011110318260000.jpg

この日は登別から来られたご夫婦も一緒に貴重な体験をさせていただきました。
  2011110316330000.jpg “煮くま”と“くまなべ”

  ままこあら

まつり

2011年11月02日
山に来てからしょっちゅう“お祭り”があります。
そうれはもう本当にしょっちゅう。
夏場には振内地区や平取近辺で毎週のようにお祭りがあり、週末の予定はお祭りで埋まってしまってました。

そして本日は“振内地区芸能発表”。

まずは子供たちと『幌尻太鼓同好会』の和太鼓にはじまり・・・
  2011110218040000.jpg

バレエを習っている子供たちの演技やR&Bダンス、フラダンス愛好会の演舞、民舞やカラオケ愛好会の歌披露等々、本当に多種多彩な“芸能発表会”でした。
  2011110218350000.jpg

振内地区は小さな山間の町。
それなのにいろんな芸能活動が行われていることにびっくりです。都会ではもっともっといろんな種類の活動がありますが発表する機会はめったになく、あったとしても有料だったり・・
それがこちらでは度々ギャラリーの前で披露できます。
(春からこれまでに太鼓やフラダンスを何度みたことか・・)

さらには文化活動として作品の展示もありました。
写真、書道、絵画、盆栽等々、これまた見事な作品が町民センターの体育館に所狭しと展示されていました。
  2011110219090002.jpg 2011110219090001.jpg

  2011110219090000.jpg

いろんな分野で同好会が作られ日々活動している様子がよくわかりました。

わが町振内。
小さな町でありながらも“気持ち”の豊かな活気のある町だと再認識しました。

  ままこあら