1. HOME >
  2. 研修生Hさんのブログ >
  3. おくにことば

研修生Hさんのブログ

RSS

おくにことば

本州にいたとき「北海道にはなまりがない」というとこを聞いたことがありましたがそんなことはありません。生活しているといたる所で『北海道弁』を耳にします。

「すごく」は「なまら」
接続詞の「そして」や「それで」は「して」
「コーヒー(coffee)」は「コ」が強調されてて「-_」こんな感じ。
道外の人は「内地の人」
(四国出身のわたしたちも「内地の人」。北海道より四国の方が小さい島なのに・・・)

そんな『北海道弁』の中で『大賞』をあげるとしたらやっぱり「しばれる」だと思う。

このことば、現地で体感しないと絶対分からないだろう。
そして標準語には翻訳できない。
「体がしばれる」というと「凍えるほど寒い」
「地面がしばれる」というと「大地が凍りつく」
といった感じか・・でもちょっと違う。
やっぱり「しばれる」としか表現のしようがなく。

建設中の実践農場の中も見事にしばれてます。
  2011121008320000.jpg

新地の宿命で圃場には石がゴロゴロ。でもしばれて掘り出すのが大変かと思っていたら、しばれて溶けてを繰り返して見事に「しばれあがって」きました。
  2011121309360000.jpg こんな感じ

おかげで案外楽に石拾いが出来ました。
  2011121310440000.jpg 各ハウスにこのくらい。(×4)

『おくにことば』は不思議なもので相手や場所によって自然と切り替わるみたい。
松山の実家に帰ると普通に『伊予弁』が口をつく。
ダンナと話すときは言わずもがな。
でも振内で出会った松山出身のセンパイ移住者と話すときはお互いに『なんとなく標準語』。

同世代なのになぜ??
たぶん出会った場所が松山じゃなかったからかな??
振内にいるセンパイ就農者や親子留学の人たちも『おくにことば』は少なく『標準語』に近い。

いろんな所に住んでみて思うこと。
全国から人が集まってもその土地の『共通語』に落ち着くみたい。
そんな中、大阪の人は自分たちのスタイルを変えない。
(近隣の奈良や京都の人は『共通語』なのに・・)
これまでの経験上、神戸の人も変えない。

なんか、面白い。

  ままこあら

コメント
[4] ねこシャ~ア~ | 2011/12/15 19:35
まいど!大坂太郎です。特に伊太利~↗ではガンガン通じるらしいで”知らんけどな(笑)B級コメントですみません。
[3] 春蜉蝣 | 2011/12/15 02:18
あ…
申し遅れました。
春蜉蝣と書いて「ハルカゲロウ」と読みます。

意味は、「節分草」の事です。
節分草は春に咲く山野草で、スプリング・エフェメラル(春の短い命)と呼ばれる花の代表種なのだそうです。
スプリング→春、エフェメラル→短命→蜉蝣、となって「春蜉蝣」です。

花言葉は「微笑み」「人間嫌い」「光輝」です。

ちなみにわたしは、「人間嫌い」でも「短命」でもありません(笑)
[2] ままこあら | 2011/12/14 21:04
ホント、狭い日本にもいろんなお国言葉があって面白いですよね。
伊予弁については後日アップするつもりでしたのであらためて。

ところでお名前はなんと読むのでしょう??
教養が低くてスミマセン。。
[1] 春蜉蝣 | 2011/12/14 04:31
一度、生伊予弁を聞いてみたいデス(笑)
今、ドラマで「坂の上の雲」が放映されていますね。
あれに出てくる秋山好古、真之兄弟はちゃんと伊予弁なのでしょうか?

お国言葉も、TVや舞台では誇張されることが多々あって、既に使われなくなった言葉が出てきたりもしますよね…
(そんな言葉使わないヨ!と言いたくなることも(笑))

わたしの故郷も、かなり特徴のある方言です。
しかも中心地域から30Kmも離れると、がらりと言葉が変わってしまう文化です(笑)

そんな方言でも、大阪弁はすごいですね。
英語圏でも大阪の人は大阪弁だった(笑)
しかも、それで通じるから凄い…(謎)
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):